FC2ブログ

『孤狼の血』 

2018, 11. 27 (Tue) 18:30


133.jpg


健さんや鶴田浩二、若山先生のファンであるぼくはもとからやくざ映画は大好きでしたが、ともすれば「邦画は過去作品があればそれでOK」みたいな感じになりがちでした。そんな怠惰な性根に往復ビンタ級の活を入れてくれたのが、先日見た白石和彌監督の『孤狼の血』です。役所広司さん目当てに何の気なしに観た映画でしたが、その圧倒的なパワーの前に冒頭30秒でもう目は釘付けになっていました。ストーリーとしては典型的な任侠映画からやや時代の下がった東映映画の実録路線というか、社会的リアリズムを重視した「仁義なき戦い」系、というかもろそうした系譜の映画なのですが、過去のそうした作品に熱い愛情とリスペクトを捧げながらも、この時代に新しい物を生み出そうという作り手・演じ手の熱気と活力が全編にみなぎっており、本当に素晴らしい作品となっています。特に役所広司扮するベテラン刑事、大上とコンビを組む若手刑事を演じる松坂桃李が本当に素晴らしく、物語を力強く牽引する大きな役割を果たしています。舞台は暴力団対策法成立前の昭和の終わりということですから、時代的にはそれほど前ではないのですが、それだけにともすればアバウトになりがちな時代考証や美術・舞台設定も完璧で、「ああ、こんな感じだったなあ」と観ているだけで記憶の隅をくすぐられると同時に、ふっと我に返ると作品世界に没入していたりするほど、往事の広島の町並みがそのままの姿でスクリーンに映し出されています。(ぼくは広島に住んでいたことはないのですが)

脇を固める俳優陣も素晴らしく、みんな力の入ったアウトローっぷりをのびのびと(そしてきっと楽しみながら)演じ、それぞれに個性的な輝きを見せてくれています。余談ですが、やくざの一人を観ていて「この人NACCSの音尾さんに似てるなあ」と思ってキャストクレジットを観てみると、やっぱり音尾さんでした(笑)。素晴らしい演技に惚れ惚れしてしまいました。あの酷い目に遭うところとか。

ただ、万人にお勧めの映画とはお世辞にも言えないハードな映画であることもたしかで、ひょっとしたら人を選ぶ作品であるかもしれませんが、あの邦画が荒々しく活気に満ちていた時代を思い起こさせる力作であることは間違いありません。最近の邦画はすごくいい感じだと個人的に思っていますし、今後もこうした作品がたくさん観られることを願ってやみません。『孤狼の血』、最高です。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント