FC2ブログ

長谷川伸 

2018, 08. 13 (Mon) 22:30

このところ長谷川伸さんの作品をじっくり読んでいます。映画で東映やくざシリーズや大映の昔の映画を繰り返し見ているうちに、また時代小説や剣豪小説を好んで読んでいるうちに、度々で会う「長谷川伸」という名に、一度正面から向かい合ってみたくなったのです。長谷川伸と言えば言うまでもなく「沓掛時次郎」「瞼の母」などで有名な戦前の大衆作家であり、股旅もの、博徒ものを始め、旧い人情の機微を温かく描いた、いわば現在僕らが親しんでいる時代小説作家や娯楽小説作家の総元締め・大親分みたいな存在ですが、それだけに今日では一挙に忘れられた感もあり、ぼくもこれまで手を伸ばしてその著作を熱心に読み込む、というところまで行かなかったんですよね。でも読み出すとこれがめっぽう面白い。

むろんある種のルーツ探し、原典追いという側面はありますが、改めて読み込むとしみじみといい物もたくさんあり、勉強はいくつになっても続くなあ、という感慨を新たにしているところです。市川雷蔵や中村錦之助主演の映画はとても出来がいいですが、ひょっとするとこれらの戦後作品でさえどこか「モダン」で、原作の持っていた(戦前の旧き良き)日本の叙情的なエッセンスをわずかに取りこぼしているのかもしれないその可能性を思うと(そして現在はもう古典になりつつある「男はつらいよ」が股旅物のパロディであることを思えば)、改めて講談や戯曲を始め大衆娯楽の伝統の深さと時の流れの変化にしみじみ感じ入りますね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント