FC2ブログ

『安珍と清姫』 

2018, 08. 02 (Thu) 22:25


113.jpg



市川雷蔵主演、『安珍と清姫』を観ました。前から観たいと思っていた映画だったけれど、やっと観られました。いやあほんとうに面白かったです。監督は島耕二。清姫役を若尾文子が演じており、もの凄いエロチックな清姫を体を張って演じていました。原作は能や歌舞伎の演目として有名なお話ですけれど、ぼくも通り一遍の知識を持っているだけで、こんなに凄いお話とは思ってもいませんでした。煩悩と信仰の狭間で激しく苦悩する若い修行僧を市川雷蔵が演じていますが、苦悩の表情と言えば雷蔵が最も得意とするところ、ストイックで生真面目な安珍を格調高く演じており、観る者を話の筋にぐいぐいと引き込んでくれます。その安珍を誘惑し、女の情念をありったけ燃やし尽くす清姫。恋情のあまり最後には大蛇にまでなってしまうその業は、若尾文子の美しさと存在感なしでは到底描ききれなかったでしょう。大映の持つ底力を改めて感じた一作でした。いやー、凄い映画ってまだまだいくらでもあるものですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント