バレンタインの顛末 

2017, 02. 17 (Fri) 00:30


cho1.jpg


バレンタインデーもはやすぎ、数日が経過しました。世の男性方はさぞほっとしていることと思います。かくいうぼくもその一人ですが、今年は生徒の女の子からチョコレートをもらいました。やったあ! といっても、くれたのは小学二年生の女の子なんですけどね。

ほんの数日前、「こんな仕事しててもチョコには縁がない」とか書いたおぼえがありますが、満更そうでもなかったようです。あと、バレンタインのチョコは包装や箱だけ立派で、中身もごてごてしているとかいろいろ書きましたが、それも撤回します。や、もう、もらえればなんでもいいです。チョコが口に合わなければ、口の方で合わせますので。そんなことで文句を言ったらばちが当たります。はい。

なんか書いてて自分の豹変ぷりが情けなくなってきますが、冗談はともかく、やはり誰かからチョコをもらうのはうれしいものですね。むかし、外国人の友人で、バレンタインに女の子が男の子にチョコを送る日本の風習にかなり否定的な発言をしていたのに、当日チョコをたくさんもらった途端なにも言わなくなった人物がいましたが、これはやはり日本独特の風習なのでしょうね。でもぼくが子どもの頃にはもうすっかり根付いていた慣習ですし、なくなったらなくなったで案外さびしいものなのかもしれません。学生時代を彩る、大切なイベントがなくなってしまいますしね。(エンターテインメント業界にとっては季節感やヒロインの心情を演出できる一大イベントですから、万一なくなってしまったらまさに死活問題です)

もっとも、もらいっぱなしではいけないのがバレンタインの恐ろしいところ(?)です。3月14日はホワイトデー。今度はチョコのお返しにクッキーをお贈りしなくてはなりません。でもクッキーもたくさん種類があって迷うんだよなあ。好みもわからないし。ともあれぼくも精一杯気合いを入れ、クッキーを選んでプレゼントしたいと思います。

というわけで今日はバレンタインデーの顛末でした!

コメント

Roh

 おめでとうございます!

2017/02/17 (Fri) 21:27 | Roh | 編集 | 返信

seiseino

ありがとうございます。
ってお礼を言うのも妙なものですが

2017/02/19 (Sun) 00:33 | seiseino | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント