FC2ブログ

今年一年、ありがとうございました。 

2018, 12. 31 (Mon) 19:30

いよいよ今年も終わりです。月並みですが今年はいろんなことがありました。いちばん記憶に残っているのはやはり自然災害――特にあの地震ですが、それ以外にも親戚のものが亡くなったりと、個人的にも激動の年だったように思います。その時はとにかく毎日を過ごすことで精一杯で、何かを考えたり振り返ったりする余裕などなかったのですが、こうして無事年の瀬を迎えられた今改めて顧みると、「大変だった」という思いと共に、こうして無事家族みんな健康で新年を迎えることができる幸せと幸運を噛みしめています。

来年はいい年でありますように、と皆さんとともに願いつつ、ぼく自身も今年以上にがんばって充実した一年にしたいと思います。子供たちとも引き続きいっぱい遊んだりお勉強したりして、楽しい時間を作っていきたいですね。
それでは、よいお年を。

クリスマス・パーティ 

2018, 12. 24 (Mon) 22:42



134.jpg


イブですね。正直この年齢になってくると、イブだクリスマスだとカレンダーを見て騒ぐこともなくなってくるわけですが、それでも先日、子供たちと一緒にささやかなクリスマスパーティをしました。みんな楽しみにしていたので、やはりしっかり準備しなくては、とイルミネーションやお部屋の飾り付けも入念にやり、こどもたちが一日わくわくして過ごせるよう万全の体制を整えました。

当日は劇の発表や椅子取りゲーム、フルーツバスケット、歌や楽器の披露、輪投げ、プレゼント交換など、楽しいイベントが盛りだくさんでした。特にプレゼント交換では、どの子もみんな真剣な顔つきでプレゼントを選んでいましたね。一応、「男の子がもらっても女の子がもらってもうれしいもの」と決められてはいるのですが、どんなプレゼントが当たるかは子供たちにとっては死活問題(?)ですからね。結果はみんなそれなりに満足したようで、良かったです。今は少子化の影響でご両親・祖父母に大切に育てられ、物に淡泊というか、プレゼントなど食傷気味・・・なのかななどと思っていたのですが、全然そんなことはありませんね。やはり子どもの時にプレゼントや贈り物をもらったときの喜びというのはかけがえのないもののようです。

外は冷たい風が抜き抜けていますが、今年もたのしく素敵なクリスマス会をすることができました。来年もいいことがありますように。さて、ぼくもささやかながら買っておいたケーキを食べようっと。

長靴の跡 

2018, 12. 13 (Thu) 20:30

骨まで凍るような寒さが続いていますが、がんばって野歩きは続けています。と言っても近くの川の土手を歩くのが精いっぱいなのですが、やはり外は気持ちがいいですね。30分ほど歩いて帰ってくると、観も心もしゃきっとしているのがわかります。葉の落ちた細い裸の枝に雪が積もっているのを見ていると、改めて四季の移ろいに感じ入ったり。道先に小さな雪だるまやかわいい長靴の跡なんかがあると、この辺に小さい子がいるのかな、などとつい想像したりしてしまいますね。あまり出歩けない分、仕事ははかどりますが、こういう日常のちょっとした時間は大切にしていきたいですね。年末までがんばります。


新しい雪 

2018, 12. 06 (Thu) 23:29

いったん溶けた雪がまた降って参りました。雪が降ると「冬」という感じがして身も心も引き締まりますね。雪かきはイヤなので本当は雪がつもるのはなるべく遅くあってほしいと思っているのですが、目に映る全ての風景が白さに包まれていくのを見るのは嫌いじゃなかったりします。気合いが入る、というのでしょうか。性根が締まる感じがするんですよね。自分でも妙な性分だと思いますが。

お受験のシーズンも終わり、クリスマスまでは比較的穏やかな毎日です。あいかわらず深夜に机に向かったり本を読んだり音楽を聴いたりと変わらぬ日々をすごしていますが、こうして平凡な毎日をすごすことができていることが本当は一番幸せなのかもしれないと思うようになりました。今年は地震などいろんな出来事がありましたからね。来年まであと少し。気を引き締めてがんばります。