気が早い? 

2017, 09. 30 (Sat) 00:30


aki.jpg


散歩に出るのにも着替える準備が必要になってくるくらい冷えてきました。以前は夜だけだったのですが、このところ日中も寒いですね。風邪はどうやら抜けてくれたので再び引くということはなさそうですが、それでも出かけるとなると少々大袈裟なくらい厚着をする毎日です。でもこういうときって、意外と周りの方と服装のギャップがあってちょっぴり恥ずかしかったりもするんですよね。自分の準備万端感が浮いているというか。完全防寒着で外へ出ると、シャツ一枚の人とすれ違ったりして、思わず振り返られたり。こっちは寒いんだよ! と力説するわけにもいきませんし。ううむ。困ったことです。

もっともじきに10月ですから、いずれは周りの方々も厚着をするようになるでしょう・・・と書くとまるでぼくが寒くなるのを待ち望んでいるみたいですが、そんなことはありません。良い陽気に恵まれているうちは野歩きと散歩を楽しみたいと思います。

気の早いハロウィン 

2017, 09. 29 (Fri) 00:30


hh7.jpg


最近、街を歩いているとハロウィングッズをよく見かけます。もうそんな季節になっていたんですね。と言っても我が家はもうすっかり飾り付けも済んで、準備万端ですが。(子どもが目にする機会が多いので、必然的に用意も早くなります)このところ日本でもすっかり市民権を得たせいか、ハロウィングッズを手に入れるのが容易になったので以前よりずっと手間が省けますが、そのぶんどことなく巷の商業ベースに乗せられている感じがしないでもありません。でも、やはり部屋を飾るとかわいいですし、子どもたちがよろこびますしね。

ハロウィンと言えば、以前、ハロウィンを題材にした新米魔女のお話を書いたことがあります。『サイキック』とはまた別の話で、ある日中学生の男の子のクラスに転校してきた変な女の子が実は悪事の修行に来た魔女の子(すごく良い子)で、この子と友達になった男の子が、こいつを一人前の悪党にスキルアップさせるため悪戦苦闘する・・・という筋の、まあ、わりとぼくらしいテイストの話です。かなり前に書いたきりそのまま引き出しに眠っているお話ですが、書いている間はなかなか楽しかった記憶があります。すっかり忘れていましたが、いつの日か発表する機会があればいいですね。

ハロウィンに話を戻しますと、ハロウィンはそのバックグラウンドが日本人にはやや判りづらいぶん、かえって想像力を逞しくできるという部分があるかもしれません。せっかく飾り付けをしたことですし、ハロウィンまでは子どもたちとお祭り気分を味わいたいと思います。(ちょっと早すぎだけど)

『マトリックス』 

2017, 09. 28 (Thu) 04:00


MTK.jpg


先日『マトリックス』を見ました。凄い久しぶりです。最後に見てからずいぶん時間が経っているため、記憶から抜けている部分も多く、それだけに内容を普通に楽しめている自分がいました。しかしなにより驚いたのはキアヌ・リーブスの美青年っぷりです。もともとあまり老けない俳優さんですが、この頃のこの人のハンサムっぷりは際立っていますね。とくに序盤のサラリーマンをやっている時のスーツ姿やワイシャツ姿はとてもかっこいいです。(ちょっとボンクラな感じがかわいい)

肝心の内容に関しては、今見返すとさすがに古さを否めない感じですが、世紀末当時は、劇場で見てすごく斬新で清新な印象を受けたのを憶えています。スタイリッシュな絵作りやガンアクション、CGなど、今に至るまで引き継がれている要素がこの一作の中にほぼ出揃っている感じがして、見ていて面白かったですね。劇場でこれを見た帰り道、友達と妙にテンションが上がって、ずっと話していたことを思い出します。

キアヌ・リーブスは『ジョン・ウィック』シリーズも好調のようで、嬉しい限りです。その親しみやすい風貌と性格からか彼は日本でもとても人気ですし、ぼくも大好きです。よく街中でひとりぼっちでいる時の姿が取り上げられたり、ネットに上がったりもしますが、それも世界中のファンの彼に対する愛情故のことでしょう。今後も「いっこうにスターらしからぬスター」、キアヌ・リーブスの作品を楽しみにしたいと思います。




正座 

2017, 09. 27 (Wed) 07:30


正座は辛いです。先日お坊さんにお経を上げていただく機会があったのですが、その間中、足が痺れて痺れて……。特に左の足首はむかし怪我をして靱帯を伸ばしてしまっているので、正座がきついんですよね。特に足の甲を水平にしてその上に体重を掛けると。でも厳粛な場だし、ちゃんとしなくては、とがんばってこらえましたが時間が長く感じましたね。

でもああいう場にいると、自分の変化というものに気づかされます。以前は数珠なんて聞くと「なにそれ」という感じでしたが、今はもう当たり前のようにマイ数珠を持っていますしね。もっともお経から解放されたあと、その場にいる親戚全員がやれやれと足を崩すのを見て、みんな辛かったんだなとふとおかしみを感じた次第です。

秋が深まる直前の一日でした。


衣替え 

2017, 09. 26 (Tue) 06:00

ためしに秋物、冬物のコートなどを出してみました。まださほど必要な感じはしませんが、そのうち着るようになるので。ですが実際に捜してみると、どこへ行ったのか見当たらないものがちらほら。半年以上クローゼットの中に押し込んでおいたので、自分でもどこにしまったのかわからなくなってしまいました。こういうときって困りますね。しばらくたってから、「ああ、クリーニングに出していたんだった」と思い出したり、別の部屋のクローゼットに押し込んであるのを発見したり。

ぼくは寒がりの方なので、夏に比べれば秋物冬物の衣装は格段に多いです。それでもなるべく暖かく過ごしたいので、コートやオーバーの類いは手放せないですね。(もちろんマフラーも)子どもたちと外で遊ぶ時用のスキーウェアも欠かせません。これらの衣装が活躍する季節も、もう間もなくやってくるでしょう。四季の移り変わりの速さに驚かされる毎日です。


増える視聴 

2017, 09. 25 (Mon) 06:00


M8.jpg


海外の日本人サッカー選手が活躍しています。報道を見ると、毎週のように誰かがゴールやアシストを決めており、確認に忙しいほどです。少し前までは海外リーグに所属する選手自体が少数で、チェックも簡単だったのですが、最近は所属先がトップリーグから中堅リーグまで欧州各地に広がっているのでその動向を追うだけでも大変です。本当にすごいですね。

以前まではリーガエスパニョーラはある種日本人には鬼門、のようなことが言われていましたが、乾選手と柴崎選手が所属し、活躍することで、そうした見方もだいぶ払拭されたようです。それにしてもテクニックが必要なリーグには、まるで導かれるようにテクニックを持った選手が行くものなんですね。この辺は面白いと思います。

上述のように最近はあまりに選手が増えてしまい、とてもそのすべての試合を見届けることはできなくなっていますが、それでもできるだけチェックして、彼ら日本人選手の活躍ぶりをライブで観たいと思います。

最近の出来事 

2017, 09. 24 (Sun) 02:30


STITD.jpg


最近の出来事をつれづれなるままに


洞爺に行ってきた

温泉地です。個人的には久しぶりでしたが、楽しかったですね。ホテルが凄く立派になっていてびっくりしました。外国人の観光客の方はそれほどいなかったかな。ロビーに行くと素晴らしい音でヴィヴァルディが流れていたのでひょいとオーディオシステムを覗いてみると、

・Wadia Wadia 860
・Accuphase DP-65V
・JBL SG520 SE400S
・McIntosh XRT26

というシステムでした。Wadia 860は故障しているのか繋がれておらず、DP-65Vがプレーヤーとなっていましたが、瑞々しい美音を奏でていて、暫し聞き入りました。DP-65Vはやや古いモデルですが、少しもそれを感じさせない堂々とした鳴りっぷりに、思わず欲しくなってしまいましたね。うーん。アキュフェーズのCDプレーヤー買おうかなあ。XRT26も朗々とした音を響かせており、とても楽しい時間でした。


新しい『スター・トレック』シリーズを観直

2009年の新作と『イントゥ・ダークネス』『BEYOND』の三作を続けて見ました。や、すごく面白いです。以前のシリーズの抑制された、格調高い作風も大好きですが、新作のアクション満載のわくわくする冒険物語も楽しいですね。キャラクターも一気に若返り、いい意味での茶目っ気やスリルが画面一杯に漲っています。

若きカーク船長を演じるクリス・パインさん、どこかで見たことがあると思ったら、トニー・スコット監督の『アンストッパブル』のあの若い車掌(デンゼル・ワシントンに鍛えられる)を演じた役者さんだったんですね。素敵なはまり役だと思います。長くシリーズが続いてくれるといいなあ。


マサラティーの季節

夏の間控えていたマサラティーをまた飲むようになりました。やはり寒くなってくると、こうしたあったかい飲み物が恋しくなってきますね。コーヒーとはひと味違う、シナモンの香りが何とも言えません。秋の夜長にぴったりです。


以上、つれづれなるままに最近の出来事でした。


薬捜し 

2017, 09. 23 (Sat) 02:30


md3.jpg


風邪を引いてしまってから薬捜しに追われています。これまでは『パブロンエース錠』というとてもよく効く薬を服用していたのですが、これが生産中止になってしまい、別の薬を捜さなくてはならなくなったのです。ぼくは薬と言えば風邪薬とうがい薬くらいしか縁のない殺風景な男ですが、こんなぼくでも薬局通いをするようになるとはわからないものです。

ぼくが薬の効能に求めるのは、ずばり眠くならないことです。あとはどうでもいいと思うくらいこの要素はぼくにとって重要です。たぶん薬を服用した後自分が風邪を引いているという事実を忘れてさっさと机にむかいたいんでしょうね。きっと。そのためには眠くては話にならないので、必然的にこうした薬を求めることになります。

とりあえず「眠くならない」で検索してネットの評判の良さそうな薬を二、三購入してみました。(あとポカリも)果たして効くかどうかはまだ判りませんが、とりあえず服用して経過をご報告したいと思います。うう。早くよくなりたいよー。

『白い雷神』 

2017, 09. 22 (Fri) 02:30


wbs.jpg

『白いブラックサンダー』なるものを初めて食べました。海外にいるねーちゃんが(最近里帰りした)知人へのお土産用に買ってきたものですが、これって、めちゃくちゃおいしいですね。普通のブラックサンダーの表面にホワイトチョコレートがコーティングされているだけ(たぶん)なのですが、一度食べ出したら止められないくらいおいしいです。聞けば北海道限定で、千歳空港や駅の売店などには置かれているらしく、ネットで評判を知った海外からの観光客の方がこぞって買っていくらしいです。

パッケージの袋を見ると、雪国や氷を思わせるイメージの絵柄に、「おいしさ直滑降!」なる惹句が踊っています。なんかわからないけど凄そうです。その横に書かれた「白い雷神」というフレーズも、北欧あたりの凄腕のエースパイロットに冠された異名みたいで捨てがたいです。通常のブラックサンダーはチロルチョコ、うまい棒と並んでぼくら子どもの定番のお菓子アイテムでしたが、まさかこのような形で国際化している姿を見ることになるとは思いも寄りませんでした。ううむ。でも、このおいしさならそれも当然と思ってしまいますね。

久しぶりに口にした懐かしい味。これからもときどき深夜のおやつにしたいです。

雨のあと 

2017, 09. 21 (Thu) 04:30


雨上がりの外を歩くのが結構好きです。大雨が降った翌日や台風が過ぎた後の朝など、まだ路面が湿り大気に水が含まれているのを感じながら外を歩くのが。なんか気持ちいいんですよね。川が濁って増水し、土手の道は左右の草むらから這い出たミミズがアスファルトの上を蠢いています。風が雲をどんどん運び、日差しは一定せず、晴れ間がしょっちゅうそこかしこを移動します。そんな中を歩くとなんだかどんどん気持ちが拓けてきます。

雨は続くと嫌ですが、植物に水をあげなくてもいいのは楽ですね。雨の後は草花はいちだんと元気になったように見えます。ぼくがホースで植物に水をあげていると、よく子どもたちが真似をしたがりますが、その何十倍、何百倍もの量の水が僅か一昼夜で草木を潤すのですから自然の力というのは本当に凄いですね。

雨に打たれ、生命力をいや増したかに見える庭の植物を窓越しに眺め、ふとそんなことを考えます。



『パンダコパンダ』 

2017, 09. 20 (Wed) 00:30


PAKPA.jpg


子どもたちは『パンダコパンダ』が大好きです。DVDをセットして(ぼくの私物)、あの独特のイントロが流れてくるや否や、もう最初の歌い出しから声を限りの大合唱がはじまります。中には踊り出す子もいたりして、気分はもうすっかりミミちゃんです。いったいなにがあんなに子どもを引きつけるのか・・・。天才宮崎駿の力にはただただ圧倒されるばかりです。いやもう、ホントすごいですから。

本編が始まっても、子どもたちは指をしゃぶり、食い入るように画面を見つめています。二人組の泥棒が侵入し、トラちゃんが部屋に迷い込んだあたりからわくわく度は一気に高まり、そのままテンションは最後まで続きます。じっさい、30分ちょっとくらいの作品ですから見せるにはちょうどいい長さですよね。でもご本人は以前から「テレビに子守をさせるな! トトロなんて何回も家で見せるな!」と、昨今の宮崎アニメを子どもたちに見せる風潮に対してとても立腹されているそうなので、内心忸怩たる想いもありますが・・・。(でもパンダコパンダはとてもかわいくていいと思うんですけれど)

一アニメファンとして見ると、『雨降りサーカス』にはのちの『ポニョ』を思わせるシーンがふんだんにあったりして凄く楽しめる作品です。一人で正座し観直して見ていた若い頃とは違い、こどもたちと一緒に見るパンダコパンダには新しい発見とわくわくする魅力がいっぱいです。

今でも大好きな作品です。


いろいろ食べて 

2017, 09. 19 (Tue) 00:30


CISA.jpg


こちらも台風が上陸し、日中雨が降っていましたがたいぶ落ち着いたようです。そのかわり気温が一気に低下し、すっかり部屋の中も肌寒くなりました。でも一度部屋の中を暖めてしまうと寝るときに困りますよね。ちょっと寝苦しいというか。なので薄着をして眠ると、今度は明け方すっかり寒くて目が醒めるという・・・。お陰で風邪気味です。うーん。早く治したいなあ。

お昼はコストコで買ったパエリアを食べました。パエリアはチキンのペンネと並んでぼくのお気に入りでよく食べます。美味しいですよね。やっぱりご飯ものはほっとします。あとキヌアサラダ。キヌアは南米産の食材で、最初に食べたときは少しびっくりしましたが、何度食べても飽きがこないのでこれもよく食べます。コストコはおいしいものがたくさんあって助かります。量が多いけど・・・。

身体にいっぱいスタミナをつけ、早く良くなるようがんばります。

強い人 

2017, 09. 18 (Mon) 00:30


DW.jpg


最近、デンゼル・ワシントンの映画ばかり観ています。とくに理由はないのですが、彼の出ている映画が見ていて心地良いんですよね。とにかく「強い」人なので話の筋はどうあれ、見ていて安心できるというのがあるのかもしれません。刑事をやろうが庶民をやろうがパイロットをやろうがボクサーをやろうがガンマンをやろうが、最後にはこの人は絶対に勝つ・・・というか、観るに値する素晴らしいカタルシスをこちらに与えてくれるという絶対的な信頼感のようなものがこの人にはあるのだと思います。骨太の体格と相まって、人格的な強さ、したたかさ、逞しさ、明敏さ・・・そういったものを画面一杯に漲らせ、それでいて慎ましさやはにかみ、含羞、庶民的な感覚や市井の雰囲気をも同時に体現してしまう演技力は本当に凄いです。なにより声がいいんですよね。

一番好きな作品は何でしょうか? もう全部好きで選べないくらいですが、意外と『ジョンQ』とか『サブウェイ123 激突』とかは好きでよく見返していますね。もちろん『イコライザー』は滅茶苦茶大好きです。さっきも言いましたが、この人の場合、最後は(いろんな意味において)絶対に勝つのはわかっていますので精神衛生的にもいいんですよね。気持ちがすかっとするというか。

今『マーシャル・ロー』を観ていますがやっぱい面白いですね。次は何を見ようかな。

風邪の引き始め? 

2017, 09. 17 (Sun) 00:30

書斎に電気ストーブを設置しました。日中はさすがに平気ですが、最近夜に足元が冷えることが多いので。しかし少し遅かったのか、今日机にむかっていると、頭がふらふらします。うー。風邪の引き始めかも。なんとなく自覚症状はあったんですよね。ここ数日、書いていて妙に頭が重かったから。でもそういうときは「なんか調子が上がらないなあ」とは思っても、「あれ、風邪かも」とは不思議と思わないんですよね。たぶんそのせいで、今までの人生で150回くらい風邪のサインを見逃しています。でもホントに気づかないんだよなー。で、ぶっ倒れてから気づくと。

とりあえずあったかくして日中横になっていたらだいぶ元気になってきました。正直今風邪を引いている余裕はないので、とっとと治してがんばらないと。ジンジャーエールとOS1とポカリとコーヒーを飲んでこの逆境を乗り越えたいと思います!


新カード輩出 

2017, 09. 16 (Sat) 00:30


LEOC_M.jpg
皇帝




WCCFで次のバージョンからJリーグの選手がカードとして輩出されるそうで(一部の選手だけだそうです)、少しわくわくしている自分がいます。もうやらなくなってしまって結構たつのですが、それでもこのゲームが盛り上がっていたり、バージョンが変わり新選手が輩出されていたりするとチェックしてしまいますね。アズーリユニVerのATLEアルベルティーニは全く使う当てもないのに買ってしまったし・・・。ATLEビエルコウッドとか出たら思わず復帰してしまうかもしれません。

Jリーグの選手ですと一体誰がカード化されるのでしょうか。やはり各チームの主力選手だと思うのですが、どうせなら過去に日本代表としてカード化されていない選手がいいですよね。中村俊輔選手や中村憲剛選手は今も主力ですが、過去にカード化されていますしね。とすれば、まだA代表を経験していない伸び盛りの若い選手ということになりますが・・・うーん。誰かなあ。セレッソ大阪の杉本健勇(先日A代表デビューを果たしましたが)とか柏レイソルの中村航輔選手あたりでしょうか。応援するおらがチームをもっているサポーターの方はきっと楽しいでしょうね。数値も気になるところです。

ううん。書いているうちにやりたくなっちゃたな。今ではどんなシステムになっているのかもわからないですが、(まあ基本は変わらないとは思いますが)久しぶりに白カードを持って蹴りに行きたいですね。


増えゆく機材 

2017, 09. 15 (Fri) 02:00

 最近、電気機器が増えてきてコンセントがたりません。とくにオーディオ周りは機材が増えたせいか大変なことに・・・。音にも影響しますし、早くなんとかしないと。といっても、今後機材は増えることはあっても減ることはないでしょうし、ううむ。困ったな。でも、この悩んでいる感じ、妙に既視感があるというか、何かに似ている感じがするな・・・と思ったら、本の置き場所に悩んでいる時と同じでした。

あのときは思い切って書斎から本を一掃した(というか、部屋を一室まるごと書庫にして本はすべてそこに押し込んだ)ことで解決しましたが、今回はそうもいかないですし。やっぱりいきつく先はオーディオルームでしょうか。そうすれば願ったり叶ったりですが、なんとなく机にむかいながら音楽を聴いていたい時もありますしね。サブシステムの構築が必要になってくるかもしれません。まあぼくらしく時間をかけて、ゆっくり詰めていきたいですね。


 

2017, 09. 14 (Thu) 00:30


今日スーパーで柿を見かけました。もうそんな季節なんですね。柿ってたまにものすごく食べたくなるときがあって、で、それ以外の時は見かけてもあまりテンションが上がらない不思議な食べ物ですが、でもそれだけに食べたいときに食べると美味しいんですよね。うーむ。久しぶりに買ってみようかな。こたつはないけど、皮をむいて一、口サイズに切って、映画でもまったり観ながら食べたいなあ。・・・といささか逃避に走り始めている筆者でした。

秋の気配 

2017, 09. 13 (Wed) 00:30


雨が降っています。気温もぐっと下がって、部屋にいても肌寒いくらいの感じになりました。これが上がった頃にはいよいよ本格的な秋の到来でしょうか。冬支度ならぬ秋支度にはまだ少し早いような気もしますけれど、そろそろフリースやセーターを用意した方がいいのかもしれません。ぼくの場合、ネックウォーマーも欠かせません。これがあると外出時にもぽかぽかですからね。これからの季節に向けて、子どもたちの服装も徐々に変わっていくんでしょうね。

おんぶ 

2017, 09. 12 (Tue) 00:30

長い距離を歩くときなど(あくまで子どもの足で、という意味ですが)ときどき、小さい子が抱っこをねだります。教育者としては毅然としてはねのけるべきなのかもしれませんが、ぼくは甘いのか、ついおんぶや抱っこをしてしまう方です。本来理屈の上でというか、ぼくの立場としては子どもたちにはなるべく早くお母さん離れをし、人格的にも成長してほしいわけで、その意味でいえばたとえ子どもたちがどんなに疲れていようと最後まで自分の足で歩かせることを第一に学ばせなければならないのでしょうが、実際にそうした場になるとついつい抱っこしてしまいます。この問題は若い頃から常に心の隅にあって、いまだにふたつの解答の間で揺れている感じです。ちょっとくらいならいいような気もするけど、でもそれが癖になっても困るし・・・。ううむ。悩むなあ。お若いお母さん方もきっとこうした問題を抱えていらっしゃると思うんですが、どう対処しているんでしょうね? でもたまにおんぶしてあげるとすごく喜ぶんだよなー。(翌日筋肉痛になるけど)

とりあえず、解答が出るのはもう少し時間がかかりそうです。

地元のお祭り 

2017, 09. 11 (Mon) 00:30


子どもたちと近くの神社のお祭りに行ってきました。何でも直前に餅まきがあったらしく、これがあのいつも閑散としている境内かと思うほど地域の子どもたちがたくさんいました。屋台もたくさんでていて、どこか懐かしい光景でしたね。綿飴を買って食べましたが、これも懐かしかったですね。真っ白い雲みたいな綿飴の、口に含んだ途端にあっという間に溶けていくあの感じ・・・。もっとも最近の子どもは食べたことはないのかと思ったら意外とそうでもないらしく、何度か食べたことがあるとのことでした。

お天気もよく、からりとした空の下、お祭りの白い幟が風にはためく様子がとても綺麗でした。来年もまた行きたいですね。

生活のリズム 

2017, 09. 10 (Sun) 00:30


最近、夜出歩いていません。早朝起きて夜に寝るという生活リズムが定まりつつあり、それに従って毎日を過ごしているからです。はじめは「どうせそのうち乱れてくるだろう」と気にしていなかったのですが、もう結構な間この生活パターンが続いています。まあ、これが当たり前と言えば当たり前の話なのですが、こうもまっとうな生活が続くとちょっぴり物足りなさを感じるのも事実です。なんかこう、意味もなくだらだらと夜中の時を過ごしたくなると言うか。昔の血ですかね。

でもせっかく身体の調子もいいことですし、しばらくはこの規則正しい生活を維持していきたいと思います。9月も気を緩めずにがんばろうっと。

髪を切った 

2017, 09. 09 (Sat) 00:30


久しぶりに美容室に行ってきました。長く伸びた髪を切ってもらい、帰りにお蕎麦屋さんに寄って納豆そばを食べてきました。もはや定番というか、いつも通りの行動パターンですが、逆に言うと、最近こういうベタなお出かけをしていなかったな・・・としみじみ。なんかいいですよね。こういう気負わない時間って。

お天気の方はからりとした秋晴れで、若干汗ばむくらいでしたけれど、気持ちのいい風がほどよく抜き抜け、思わず高い空を見上げたくなる感じでした。こんな日が続けばいいなあ。

億劫 

2017, 09. 08 (Fri) 00:30


だんだんジョギングに厳しい季節になってきました。まだ早朝の冷え込みはそれほどでもないためなんとかなっていますが、これでどんどん気温が下がりだしたら走るのもきつくなってくるんだろうなあ。一旦走ってしまえば体温は上がってくるのであまり気になりませんが、それでも朝、空がどんよりとしていたりじめじめしたお天気だったりすると、やる気よりも億劫さが先立ってしまいますよね。

でも考えてみれば、走ることを続けられるのも今のうちなのかもしれません。雪が降り出してしまってはそもそも走るのは絶対に無理ですからね。それを思えば少々の寒さなんてなんてことありません・・・と自分に言い聞かせつつ、もう少しジョギングを続けたいと思います。(うんと厚着して)

生命力 

2017, 09. 07 (Thu) 00:30

お盆に買ったお供えの花がまだ生きています。花瓶に挿して、手入れと言えば時々水を入れ替えていただけだったのですが、もうかれこれ一か月近く瑞々しく咲いていることになります。うーん。花の生命力って本当にすごいんですね。花弁も一枚一枚がまだ十分に力を持っている感じです。

この歳になって、少しだけ花の美しさみたいなものが判ってきたような気がします。以前はまったく興味がないというか、その辺に咲いていても見向きもしなかったのですが(たぶん心の余裕がなかった)、この頃は立ち止まってその場でずーっと眺めてしまいますね。地域ごと、季節ごとに色とりどりのいろんな種類の花があるって地味に凄いことだよなあ・・・と、自然の持つ美しさ、力をあらためて噛みしめている次第です。

花好きだった故人に見てもらえるように、また綺麗なお花を買ってこようかな。

ハンバーグに挑戦 

2017, 09. 06 (Wed) 00:30


hanb.jpg
本物はこんなに上手じゃありません


がんばってハンバーグを作ってみました。挽肉を買ってきて、卵を落とし、タマネギや人参と一緒にひたすらボールの中でこねこねし、粘りを出します。丸く形を作った後は今度はソース造り。ケチャップとウスターソースを大量に混ぜ、醤油、ナツメグ、胡椒、蜂蜜をほんの少々。あとはホットプレートの上にハンバーグを載せ、こんがり焼けてきたところでひっくり返し、ソースを満遍なくかけて蓋をしてしばらく待つとできあがりです。

味の方は・・・とおそるおそる食べてみると、うん。美味い! 見よう見まねというか、ひたすらレシピにある通りやってみただけなのですが、予想の10倍くらい上手に作れました。俺って天才なんじゃないか・・・と誰も褒めてくれないので一人で密かに悦に入っている(頭が)幸せ者ですが、でもお料理なんて自己満足で良いんです。でも、久しぶりにお腹いっぱいおいしいものが食べられてよかったです。うーん。今度はもうちょっと凝った料理に挑戦してみようかなあ、などと成功に気をよくした『食欲の秋』でした。

昔の製品 

2017, 09. 05 (Tue) 00:30


BMJ9.jpg


ヤフオクっていいですよね。ぼくはあまり利用することはないのですが、単に興味のあるものを眺めているだけでも結構楽しいです。ヤフオクを一番利用していたのは、たぶんWCCFというサッカーのゲームをしていた頃でしょうか。その頃はしきりにヤフオクでお目当てのサッカー選手のレアカードを落札していましたが、もうやらなくなっちゃったからなあ。今だと昔のオーディオ機器とかでしょうか。なつかしい製品があったりするとちょっと嬉しくなりますね。

オーディオに限らず、ああいった昔のものは意外なものに意外な価値がついていたりしびっくりすることがあります。まったくの余談ですが、大昔うちにあった大きなビデオデッキが、SONYの『ベータマックスJ9』というなかなか良い製品だったらしいということを後で知り、(なんでもスロー再生できる点から、アニメファン御用達の製品だったらしい)驚いたことがあります。そういや、すごく画質が綺麗だったような記憶が・・・。懐かしいですね。安彦先生の『アリオン』とかこれで見たんだよなー。もちろん『ナウシカ』も。

今では音楽も映像もPCやスマホで十分クオリティの高いものが楽しめますし、ぼく自身もそれを享受していますが、一昔前のああした製品にはなにか無骨さというか味わいのようなものがありますね。(図体が大きくてがさばりますが)。今度また古い機材を引っ張り出して、なにかお気に入りのソフトを再生してみたいですね。


速度がすべて 

2017, 09. 04 (Mon) 00:30


s7.jpg
かっこいい加東大介さん


子どもたちと外でアイスを食べました。毎回、もうこれが今年最後かなあ、などと思うのですが、けっこう続いています。なんだかんだ言ってこの時期、日中はまだ暑いんですよね。とくに遊んだ直後なんかは喉がからからで、そんなときはガリガリ君がやたら美味しく感じます。

それにしても、駆けっこや鬼ごっこ、けいどろなど、子どもの遊びは足を使ったものばかりですよね。映画『七人の侍』の中の加東大介さんの科白で「戦は走れなくなったら死ぬときだ」というものがありますが、子ども相手の遊びもそうだと思います。子どもの動きについてこられなくなったらその時はおしまいでしょうね。そのために(?)毎朝ジョギングしているわけですから、この仕事も通常とは異なった意味でなかなかハードだと思います。(足が速いと子どもたちに無条件で尊敬される)

本格的な秋の訪れまではまだ少しあるようなので、それまで野外の遊びを思う存分満喫したいと思います。

季節 

2017, 09. 03 (Sun) 00:30


aki4.jpg


最近夕焼けが綺麗です。晴れの日が続いているせいか、五時くらいになると良い感じで西日が差し始め、傾いた太陽が完全にビルの向こうに沈むまでの間、空の色の変化の美しさは本当に例えようもないくらいです。その変化を外気に触れながら堪能したく、毎日夕刻になるといそいそと散歩へ出かけてしまいます。この時間帯になると風は秋の気配を濃厚に感じさせ、ぴりっとした肌寒さすら感じますね。マフラーが必要になるのも時間の問題かもしれません。

棚引く雲に西日が色をつけていくその配色の妙や、陽の最後の残滓を浴びて黄金色に燦めく枝の茂み、葉一枚一枚の輪郭を見ているだけで、極端な話、その日一日生きていて良かったと思えるほどです。これから季節の移ろいと共に自然がどんな表情の変化を見せてくれるか、こちらも同じ季節を過ごしながらゆっくり楽しんでいきたいと思います。

新しい月 

2017, 09. 02 (Sat) 00:30


九月に入りました。八月も自分なりに集中してがんばったつもりですが、六月、七月に比べると若干書くペースが乱れたときがあったのが反省点でしょうか。でも長く作品を書いているとやはり山があったり谷があったりするもので、どうしても停滞するときもあります。そんな中、いかに自分のリズムや生理みたいなものを取り戻すことができるか、そこが重要な要素だと思いますね。まあぼくの場合、幸いと言うべきか自分の心身的な不調はほとんどないので、比較的一定のペースを保てる方ですが・・・うーん。たしかに最近ちょっと疲れぎみかも。

そんな時はいい音楽を聴くに限ります。相変わらずクラシックには癒やされており、好きな曲を書けるとすっかりいい気分で目蓋が重くなっている自分に気がつきます。ちょっとのつもりが完全に寝入っており、あわてて起きたりするのが玉に瑕ですが。

新しい月に入ったことですし、言い音楽を聴きつつもまた気分も新たにしてがんばりたいと思います。

祝、ロシアワールドカップ出場! 

2017, 09. 01 (Fri) 00:30


JNS2.jpg


やりました! サッカー日本代表、見事オーストラリア代表を2-0で破り、ロシアワールドカップ出場決定です。やったあー! ゴールを決めたのは浅野選手と井手口選手。どちらもまだ若い選手ですが、落ち着いたとてもいいシュートでした。浅野選手は長友選手からのクロスを巧妙に抜け出して冷静にあわせて流し込み、井手口選手は狭いスペースを割って入ってDF三人を振り切ってからのミドル一閃。いや、どちらも本当に気持ちのいいゴールでした。乾選手も大迫選手も攻撃に守備にと奮闘し、チームのために大汗をかいてくれました。どちらかと言えば攻撃陣のがんばりが光った試合だと思いますが、でもチーム全員が(交替選手も含めて)勝利のためにすべてを捧げてくれた、そんな価値ある一勝だったのではないでしょうか。

本大会出場も決まり、これでサウジアラビア戦は消化試合ということになりますが、せっかくの公式戦ですからぜひ全力で行ってもらいたいと思います。このメンバーをより熟成させるため同じような選手構成で挑むのか、それともこれまで使っていない柴崎、杉本、武藤といった新たな選手を使うのか、監督の人選にも注目したいと思います。

子どもの頃からそれなりに長い間、日本代表を見てきましたが、今回の日本代表はなんだか不思議なチームだと思います。監督がいくぶん変わった方だというのもあるのでしょうが、応援しているサポーターが(むろんぼくも含めて)チームの実力を計りかねるようなところがあります。もちろんそれは秘められたポテンシャル―――特に若い選手の―――ゆえでもあるわけですが、そうした変化や揺らぎも含めてこのチームが来年本番でどのような物語を迎えるのか、それを応援しつつ、全力で見届けたいと思います。

とりあえず日本代表の皆さん、おめでとうございました!