子どもたち 

2017, 07. 23 (Sun) 00:30


こういう仕事をしていると、何年かに一度、業の深い子と出会います。業が深いとは何を指すのかと言えば、一言で言えば「内面が荒れている子」でしょうか。そういう子は一目でわかります。そしてこちらが何か働きかけたり、良くしようと試みたとしても、良くなったり劇的に改善したりということはほとんどありません。その原因は間違いなく精神にあり、その精神状態はご家庭の環境や親子関係に起因するからです。なので家庭外のほんの僅かな時間にどんなに気を配ったり、教化したり、情操面を育もうとしても、幼少期の人生の大半を過ごす家庭が占める割合に比べれば、その時の長さは月の輝きの前の蛍同然、彼らが過ごす地獄にも等しい苦役のような時の流れに拮抗することはぼくらには到底できません。悔しいですが。

残酷なことを言うと、一度荒れてしまった内面はもう二度と元に戻ることはありません。ぼくの実感で言うと六歳前後でしょうか。これより以前に心が荒れてしまった子どもは、その後、生涯荒れたなりの人生を送ることになります。幸せになれないわけでも友だちができないわけでも豊かになれないわけでもありませんが、自意識が絶えず己を監視する、屈折し複雑な内面を抱えた人間として人生を歩んでいくことになる。もっとも人間逞しくしたもので、そうして育ったのち立派に成人し、元気に会いに来てくれる子も何人もいますが。

そうしたささやかな体験の中、幾人かの彼らとすれ違ううち、ぼくはいつしか考えるのを止めました。そしてその代わり「いる」ことを選ぶようにしました。とにかく側にいること。ぼんやりした顔でものほほんとした顔でも眠そうな顔でもアホみたいな顔でも良いから、とりあえず側にいる。毎週毎週同じ時間にそこにいる。なんだかよくわからないけれど、一週間のうち少なくともその時間だけは本気になって周りの子どもと一緒にわいわい遊んでくれる大人の奴がいる、一緒に外遊びしたり、公園で滑り台をしたり、サッカーしたり、水遊びしたりできる……そういう存在でいようと思うようになったのです。(生傷と腰痛は絶えませんが)

もうすぐ夏休み―――。
子どもたちの一度きりの夏が始まります。


決まる新天地 

2017, 07. 22 (Sat) 00:30


gaku1.jpg


先日の本田選手のパチューカ移籍に続いて、今日柴崎岳選手のスペイン、ヘタフェへの移籍が決まりました。背番号は10だそうです。ここにきて海外でプレイする日本人選手たちの移籍先がどんどん決まりつつあります。今シーズンは来年のロシアワールドカップ前の最後のシーズンですから、どの選手も胸に期す強い思いというのはあるのでしょう。やはりメンバーに選ばれたいし、そのためには所属チームで活躍しないといけませんからね。

ワールドカップは4年に一度。選手キャリアを通じて2回出られればまずまずで、これが3回となればよほどのチャンスと巡り合わせがなければ出ることは難しい大会です。(中にはロジェ・ミラみたいな選手もいますが)それを考えれば、少しでも出る確率、出場できる確率を増やしたいと思うのが選手心理でしょう。原口選手や長友選手など、動向が気になる選手はまだいますが、7月も終わりにさしかかり、いよいよプレシーズンも佳境に入ってきました。

日本がワールドカップの切符を手に入れる予選最後の本番まであと残り1ヶ月。ついにスタートを切った代表選手たちのがんばりに期待したいと思います。

夏休み 

2017, 07. 21 (Fri) 00:30


寝不足が続いていたせいか、昼頃にうとうとしてベッドに入り、ふと気がつくとすっかり夜になっていました。(ていうかさっき起きた)こんなに寝たのは久しぶりな気がします。うーん。ここ最近の暑さでやはり眠りが浅かったのでしょうか。このところいくぶん涼しくなってきたようで、ほっとした反面、雨が続くと今度は晴れた空を見たくなるから不思議です。

学校はもうすぐ夏休みに入ります。本州の方はもう入ったのでしょうか? 三連休のときは朝から子どもたちの声が響いて賑やかでしたが、これからはとうぶんそんな日々が続きそうです。ぼくも気を引き締めてがんばります。

最近の出来事 

2017, 07. 20 (Thu) 00:30


ms1.jpg


最近の出来事をつれづれなるままに……


スタートレックを見ている。

と言っても最近のではなく、古い方です。とりあえずⅢまで見ました。これまで見よう見ようと思いつつ、その都度機会を逸してきたのですが、改めて腰を据えて見るとすごく面白いですね。もう、ミスター・スポックがかっこよすぎ。知的でクールなのに男気がある。一気にファンになってしまいました。(論理的でしょ)あとエンタープライズ号の色気でしょうか。美しい艦の表面を舐めるようなアングルで煽り気味に撮るそのゆったりと滑らかな画面移動を観ているだけでとろけそうになります。

以前から『ギャラクシー・クエスト』がめちゃくちゃ好きだったのですが、今見返したらきっともっと楽しめそうな感じがします。とりあえず本編の先を観るのが楽しみです。


ブングル・ローバーが集まらない。

『戦闘メカ ザブングル』を観ているうちにトイが欲しくなり、バンダイから出ている食玩のスーパーミニプラというシリーズのザブングルをネットで買ってみたのですが、これって全4種あって、「スキッパー」「ローバー」「トラッド11」「ギャロップ」どれが入っているか、(ネット通販では)わからないんですよね。箱には中身が記載されているのですが。

とりあえず4つ買って「ブングル・ローバー」以外の「スキッパー」「トラッド11」「ギャロップ」「ギャロップ」は当たりましたが、下半身がなければ合体できない! うう……。なんとかしないと。晴れてザブングルを完成させるために、「ブングル・ローバー」を捜す今日この頃です。

余談ですが、エルチかわいいですね。


焼き鳥屋さんに行った

先日久しぶりに焼き鳥屋さんに行きました。お酒は飲まない方ですが、ああいう場所に行くと自然とお酒を注文する流れになりますよね。でちょっとだけ飲んだのですが美味しかったですね。もちろん焼き鳥の方も。これだけ暑いとクーラーの効いた綺麗なお店より、逆においしい匂いが渦巻くわいわいと賑やかな場所の方がなんだか活気がもらえるような気がします。また行きたいなあ。


というわけで、最近の出来事でした。

雨のあと 

2017, 07. 19 (Wed) 00:30

週末には雨が降るというのが定番になっており、先週の日曜もいつものように朝から土砂降りだったのですが、午後になって急に空に晴れ間が出てきました。子どもたちはしょんぼりしてすっかり諦めていたのですが、たとえ路面が水浸しでも遊びに行きたいということで、試しに外へ出かけることにしました。

向かった先は小学校の側のちょっと大きめの公園でした。さすがに雨上がりの直後だけあって子どもは一人もいませんでしたが、よく見ると園内のいたるところに小さな子どもたちが遊んだ痕跡が・・・。濡れそぼった脱ぎっぱなしのシャツ、プラスチックのバット、水鉄砲、野球帽、靴下、靴の片方、ハンカチ、等々。思わず一体どうやって帰ったんだ、と突っ込みたくなるような忘れ物の数々が至る所に落ちています。(たぶん、遊んでいたお子さんを抱っこして車か何かで帰られたのでしょう)

まさに強者どもの夢のあと、といった感じで、子どもたちが本気で遊ぶときのエネルギーとパワーを改めて実感しましたが、同時に思わずお若いお母さんの苦労に思いをはせましたね。ていうか、せっかく買ってあげてもこれだけ落とし物されたら大変だよなあ、と。もっとも、ぼくの小さい頃は毎日のように忘れ物をしていましたし、そういうことも織り込み済みなのかもしれませんが、それも含め、ふと子を持つ親御さんのご苦労に触れた気がした午後の日でした。